思秋期ライターの備忘録

気付けばフリーランス歴16年。インタビュー人数1000人オーバー。46歳の不健康女、原田園子が好きなことだけを勝手に書くBlog

成長のない人と消せない過去

f:id:radaso:20160720155201j:plain

ある人が生々しくディスられていた過去記事

昨夜、あまりにやる気がなかったので、ネットをフラフラしていたら、ある人がボロクソにディスられているサイトにたどり着きました。

それが過去のものだったので、あまりの成長のなさに失笑つつ読んでいたものの、ふと冷静になって戦慄。

なぜなら、15年近くも前のものだったのです。

もし仮に、この某氏が改心し立派な(もしくは普通の)人になっていたとしても、この過去は決して消えません。検索すれば、ポーンッと出てきてしまうのです。

 

これは何かの不運で事実無根の冤罪のようなことになっても、ネットの噂は消えないということです。

恐ろしい!!

(もちろん申請すれば決してもらえる仕組みはできていますが、実際にそれを行使するのは限られた条件であり、しかも完璧ではありません)

 

ちなみに某氏は、所有サイトで事実関係を書き反論を試みている様子。

一部にそれを紹介しつつ擁護する意見もあるのですが、今となっては肝心のそのサイトが閉鎖されているため、URLをクリックすると[404エラー]。あやしさが倍増し、余計にマイナスな事だけが印象に残るという悲劇( ̄◇ ̄;)

 

自業自得というけれど・・・

火のないところに煙は立たないし、身から出たサビなんだけど(特に今回発見した方は自業自得)、ネット社会はミスを許さないだけでなく、改心も許さないという側面を改めて実感。怖いわぁ~

「人の噂も七十五日」なんて言いますが、ネットではいつでも一日目が再スタートしてしまうので、いつまでたっても七十五日経ちません。誰かに七十五日が来ても、別の誰かには一日目が来てしまう。そうやって15年の間、あの記事は存在してきたのでしょう。

 

オマケ

そんなネットの現実に怯えつつ、自分の名前をエゴサーチ

同姓同名のヒーラーやら大学の名誉教授やらが上位にできました。

あれれれ?

フリーランスで活動してるのに、この現状は問題あり。

これはこれでヤバいね ( ̄◇ ̄;)