読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思秋期ライターの備忘録

気付けばフリーランス歴16年。インタビュー人数1000人オーバー。46歳の不健康女、原田園子が好きなことだけを勝手に書くBlog

インタビュアースキルを磨いたら、なんか、めんどくさいことになってきた

f:id:radaso:20170405081944j:plain

 

おはようございます。昨日食べそこなったローストビーフが夢に出てきそうな原田です。食べたかった…

ライターの仕事の中には、「インタビュアー」も含まれている(と思ってる)のですが、一昨年あたりから動画のインタビューをすることも増え、必死に技術を磨いてきたら、なんかめっちゃめんどくさいことになってます。

 

動画インタビュアーに必要なのは言葉を発さないこと

ちなみに私、インタビューをした人の数は1000人以上います。でも動画については、20人位。まだまだ初心者なので、必死にスキルを磨いています。

文字に起こすためのインタビューと動画のインタビューの違いは、タイミング。

動画は、相手が話しているうえに言葉をかぶせるのはNG。なので私は、質問なんかの投げかけをした後は、できるだけ声を発しません。

でも、黙ってる人に話すのって難しい。しかも、カメラが回ってるのって、緊張感を増すしね。

日本語の「あいづち」は合いの手みたいなものだから、ポンポン声をかけた方が、相手はノリノリになれるわけです。そして、いい言葉がニュルッと出てくる。

でも、動画撮影では、あいづちもNO。

もちろん、体を動かすわけにもいかないので(影や音が入る)、顔の表情とうなづきだけで、あいずちを打ってるかのような雰囲気をつくるわけです。

 

見つめられすぎて、ご飯が食べられない

さてここからが本題。

この無音あいづちスキルは、物理的距離が空いているときや、大人数の中にいるときでも発動できてしまうという最強の特徴があります。いや、発動する気なんかないし、発動してるつもりもない。

でもきっと、話を聞くときには、自然にもれ出てしまっているらしい。

なぜなら・・・

発言してる人が、やたら・・・というか、ずっと・・・私を見て話をする。

先日も10人位の集まりで、とある社長さんを囲んだとき、やたら私を見て話し続ける。私は肝っ玉母ちゃん感あふれる見た目なので、ちょっと気になってた・・・ということは、100万パーセントありません。でも、私に向かって話をする。

その会終了後、社長が帰った後に、「ずっと原田さん見て話してましたよね。なんかあったんですか?」と全員に言われたほど。

私は興味のない話を聞きたくないし、お付き合いの席では、できれば話を聞いてるふりをしながら、実は目の前の料理を堪能したい。

でも、ガッツリ目が合っている中で、こっちから目を離すのはNGっぽい雰囲気で、私は食事もせずにひとり見つめあって、聞いてるフリをする羽目に。

2時間、地獄だった。

言っとくけど、私は人の話を聞くのはそんなに好きじゃないし、ホントはしゃべる側になりたい。話を聞きつづけるのは結構ストレス。だから、やめて!!

実は、他の集まりでも、最近同じようなことが繰り返されていて、かなりめんどくさいのよねぇ。

なんとかしないと、おいちぃご飯が食べれない。

ローストビーフ、食べそこなったぁ~泣

まわりまわって国産品。私がマウスコンピューターを選んだ理由

f:id:radaso:20170323221253p:plain

メインに使っていたパソコンがほとんどいうことを聞かなくなりました。反抗期というか、老衰というか…。そこで一新することを思い立ったのですが、コスパ優先で、あっさり決めたサブパソコンと違い、今回は超吟味。迷いに迷ったあげく、マウスコンピューターに決定しました。

 

Dynabook愛用者の私がうけた、東芝がデスクトップを作っていない衝撃

これまでのメインパソコンは、高性能なノートでした。デザイナーならノートでは厳しいでしょうが、ライターの私には十分…とは言えないものの(最近は年齢的に特にキツイ)、購入当時は移動できることが最優先だったので、重量級のノートを購入しました。

5年前(だったかな?)に出たばかりのCoi-7のCPUをのせ、4MB×2のメモリ、1TBのHDDは、私にはもったいないスペックでした。今回は、サブパソコンがあるので移動可能性はなし。そのため、デスクトップの一択。モニター2台を絶対条件としました。そして国産PC希望。

その理由は、「日本のメーカーを支えたい!日本の企業に貢献したい」という単純なもの。そんなこんなで、3台連続、東芝Dynabookを使っていました。その前はシャープ・笑。そこで今回も東芝を最優先に考えたのですが、

なんと!!

東芝って、もうデスクトップは作ってないんですね。(少しはあるらしい)

ショック!!

こうして私のパソコン選びは、最初から暗礁に乗り上げたのです。

 

高い富士通、ダサいEPSONNECは・・・

譲れない条件だと思ったのは、国産!!

元気がない日本メーカーにとにかく元気になってもらいたいわけです。

そして、譲れないスペックといらないスペックを切り分け、条件にあうパソコンを探したところ、パーツをしていして組み立ててもらう方式(BTO)がいいという結論になりました。

そして最初に候補に挙がったのが「富士通」と「EPSON」。

ところが、富士通は何かが違う。ピンとこない。なのに、やたらと高い。メリットを感じられないまま、早々に脱落。

次に候補にした「EPSON」は、サポートがしっかりしていることで有名ですが、ビジネスユースに特化しているせいか、めちゃくちゃダサい! いや、ほんとに、どうしようもなくダサい! めっちゃ安いとかなら妥協もできるのですが、価格は普通。部屋に置くことがイメージできず、脱落しました。

次の候補は、「NEC」。今は、夜中に32%OFFになるセールをやっているので、価格は申し分なし。でもここで、ちょっとしたことに気づいたのです。

 

外資傘下の名ばかり国産メーカーPCにこだわる必要はあるのか?

NECのパソコン購入に決定しかけたとき、ふと思い出したことがありました。

それは、「NECって、どっかの傘下になったよな?」という記憶。そうなんです。日本のパソコンメーカーは、単体では国際競争に勝てないために、海外メーカーと資本提携したり、傘下に入ったりしてるんですよね。NECレノボ。というか、レノボNECホールディングスって名前だし。

つまり、NEC名の商品もレノボ名の商品も、基本は同じもの。販売会社が違うだけ。営業やサポートという面では日本企業の売り上げになるけれど、本体で見ると、私がこだわった国産メーカーの印象と若干のかい離があるわけです。

そこで、ある疑問が私のカスっカスの脳みそにわいてきます。

「日本メーカーのものにしても、結局同じ部品を使って、海外の工場で(しかもDellやHPと同じとことか・笑)組み立てられるんじゃ、こだわってる意味ないかも」

そんなこと、知識としてはわかっていたわけですが、今回はじめて、心にズーンと感じてしまいました。そうなると、パーツを選べるといっても細かく指定できないとか、モニターが本当にほしいサイズではないというマイナス面に妥協してまで国産にすることがバカらしくなり、NEC熱が一気に冷めました。

 

国内組み立てのHPとレノボ。でも対応はイマイチ

でも、やっぱり日本経済に貢献したい重いは変わらず、あれこれ考えたあげく、海外メーカーであっても「国内で組み立てをしている」ことと、「サポートセンターを国内においている」ところにしようと思ったわけです。これであれば、日本経済に間違いなく貢献しています。

そして思い出した「東京パソコン」。HPは一部のPCを東京で作ってるんです。でも残念なことに、私がのぞんだのは海外組み立てなうえに、ひとつのパーツが入荷未定で納品日の検討もつかないという塩対応! 即却下!

そして再び、「レノボって米沢で作ってるよね?」ということで、レノボに戻るも、サイトがあまりに不親切! これって、サポートもよくないことを予感させるんですよね。ということで、早々に脱落。

 

思い出せなかった国内優良会社があった!それがマウスコンピューター・笑

他にはないのかなぁ?と思っているうちに、マウスコンピューターにたどり着いたわけです。

マウスコンピューターは、国産BTOメーカーとして知られています。「飯山TRUST」といって、長野県で開発から組み立てまでを一貫してやってるんですね。海外資本?と思ってると、BTOメーカーとしてできた日本の会社でした。びっくり!!

2000円払えば翌日出荷もしてくれるし、24時間365日サポートを売りにしていて、LINEでも質問できる柔軟っぷり。サポートセンターは埼玉の春日部にあり、引き取り修理は96時間でできるらしい。マウスコンピューターが出してるiiyamaのモニターは沖縄にコールセンターがあるし、なんだかすごくイメージがいいじゃん!

乃木坂にネズミのカッコさせたCMなんかやってないで、もっとこうゆうことをアピールすればいいのに!

申し訳ないけど、最後まで存在を忘れてましたよ。

ということで、マウスコンピューターの名前を思い出してから、1時間でオーダー完了。長いパソコン放浪に終止符を打ちました。

もちろんモニターはiiyama・笑

あさっての到着が楽しみです!!

余った予算はどう使う? すっごい依頼がきちゃったよ~

f:id:radaso:20170317101724j:plain

3月ですね。日本では、今月が会期末というところが多いでしょうか。

(個人事業な私は年末締めの確定申告ですけどねww)

そんな年度末なある企業から、「こんな依頼、はじめて聞いたゎ!」という発注がきました。大企業、すごいね!というお話です。

 

予算が余ってるので、何でもいいから書いてほしい

その企業は、東京の中心地に自社ビルを何本か持つところ。最近できたノリノリの会社ではなく、歴史もある会社だと記憶しています。

私はここ数年、何度かお仕事をさせていただいてますが、「ギャラは決して安くはないけど高くもなく、その割に細かい修正が多い」という印象です。納期はゆるいことが多く、そのせいで修正も多くなるので、時間&精神的な余裕がないときに受けると、大変な思いをするところのひとつです。

さて、そんなクライアントから、メールがピロンッと届いたのが数日前。

「年度末で予算が余っています。何でもいいので書いてもらえませんか?」

この手の依頼は過去にもありましたが、ギャラはいいものの、クライアントに明確なGOALが見えていないために執筆にてこずることが多い案件です。しかも時間がタイト(月内納品しないと意味がない)ために、かなり疲れます。

結局、「何でもいい」と言いながら、実際に何でもいいというわけではないわけです。まぁ、当然ですけどね。

 

時間内から五十音をひたすら繰り返すだけの原稿でもいいの?と言ってみた

ちなみに今月の私は、先月の入院の影響で後ろ倒しした案件がいくつかあり、スケジュールはかなりタイト。お金はほしいけど、めんどうな案件は増やしたくないので、

「ホントに何でもいいなら書いてもいいけど、それって罠だからイヤだ!」

という趣旨の返事をやんわりとした表現で返したわけです。

すると、ほどなく返信が。

「本当に何でもいいんです。予算を消化したいので、助けてください」

へ? お金が余ってるから助けろと? しかも、必死かよっ!

個人事業でひーこら言ってる私には、まったく意味の分からない世界ですが、人助けをしている時間は、今の私にはない。ってことで、

「五十音を既定の文字数になるまで繰り返すとかならできるけど、何でもったって、そんなわけにはいかないでしょ?笑」

と、返しときました。すると翌日・・・

「それでOKです!よろしくお願いします。できれば2本、よろしくです!」

って、お前はアホか!

もちろんね、本気で五十音を繰り返すだけの原稿を納品したりしませんよ。それは自分が許せない。それにしてもさ、本当に何でもいいなんてあるわけ?

それって、予算を捨ててるようなものですやん!

 

余った予算は種まきに使う

どうにも理解に苦しんだ私は、「なんで?予算消化しないと、来年予算が減らされて困るってこと?」と率直に聞いてみた。

すると、こんな返事が・・・

「今の部長は、『あるものは有効に使う』という方針で、予算もそのうちのひとつ。あまった予算は、来年度以降も仕事をしたい取引先に使えという指示がでました」

つまり、今回余ったお金をばらまくことで、次に無理な依頼をしたときに受けてもらおうという考えなわけだ。つまり、種まき。

納得。深く納得。ある意味、販促費みたいなもんなんだねぇ。

聞けば、その部長さんは(会ったことないけど)、社内でも有名なやり手ならしい。

交際費も多いけど、業績はどんどん伸ばす。あまりに交際費が高く、「賄賂を贈ってるんじゃないか?」と疑惑がでたこともあり、それを正すと、「費用対効果の高い賄賂なら、どんどん送りたい。ただこの業界では、そんなおいしい話はない!」と言い切ったとか。おもしろい人だ!

ということで、私はまんまと賄賂・・・じゃなかった、ギャランティをいただくことに。とはいえ、その原稿作成に今、苦しんでます。ほんとに五十音を納品したい・・・。

アラフィフ男子の思うところ。ゆるい野心が心地いい。

f:id:radaso:20170131005214j:plain

最近、同級生男子2人と別々に会い、よもやま話に花を咲かせた。

どちらも関西でバリバリがんばってる経営者で、なかなか立派なもんですが、たまたま同じフレーズが出てきたので、アラフィフ男子ってこんな感じのこと考えてるんかなぁ?と思いつつ、いい刺激を受けたという話。

 

共通してた3つの言葉

私は47歳で、彼らも同じく47歳(同級生なので当然・笑)。

どっちも拠点は関西…というか、神戸で会社を経営しおり、東京にもちょこちょこ出てきてる。そろって多忙なようで、当日になって声がかかり、私も時間が空いているというミラクル。

話の内容は、男女の会話であるにも関わらず、色気のある話はほぼゼロ。仕事がどうだ、不景気がうんぬん、でもチャンスはあるんちゃうか?みたいな話ばっかり。まぁ、それが私なんだよね(笑

で、共通して出てきた言葉は、

・オレは他の奴よりは稼いでるけど、今以上にガッポリ儲けたい感はない

・でも、まだまだ新しいことにも挑戦していくよ

・で、お前はこれから、何がやりたいの?

 

若かりし日と、一緒じゃない大人ジャンプ

若い頃は、いろんなことが分かってない一方で、パワーがじゃんじゃんみなぎってるので、新しいこと、無謀なことにどんどん挑戦する。それを「野心」というんだと思う。

その野心のせいで失敗することも多いけど、思わぬ扉がドーンッと開いたりして、高いステージに進んでいける。でもまた失敗したりして、そこから再び立ち上がることで、さらに成長するんだよね。

でも、年齢を重ね経験を重ねると、自分でできることとできないことを知っていき、パワーもなくなるので、無茶はしなくなる。

そこで、多くの人は挑戦をやめ、マイペースに生きていくことを選択するわけだけど、中には、手法を変えて上を目指す人がでてくる。

それは、若い頃のがむしゃらな感じじゃなくて着実。それでいて、しっかりジャンプする。

そして、この大人のジャンプは、方向もタイミングもしっかり見極めているから、結果として、若い頃よりより高く、より遠くに飛べたりする。

そんなあれこれの話を聞きながら、彼らのこれからのゆるい変化が楽しみだなぁと思った。

 

彼らの挨拶が、私の最大の刺激

そして、彼らのようなアラフィフになってなお上を目指す人は、「お前は何したいの?」と聞いてくれる。

常に前進することが当たり前の彼らにとっては、挨拶みたいなものかもしれないけど、実際にいう人って、なかなかいないんだよね。

そして実は、これが私を支える言葉なんだ。

いつも、ふいに聞かれるんだけど、ここで「私はこうしたいんだ」ってしっかりいえるように、いつでも準備しておこうと思ってる。そのためには、日ごろから、しっかり仕事ややりたいことをやっていないとダメなんだよね。

心地いい刺激をくれる同級生に感謝。

まだまだみんなで、高みを目指す!

マイペースにwww

ドクターの都合で腹腔鏡手術から、開腹手術へ。でも、そんなことには負けないよ!

f:id:radaso:20170116092127j:plain

ずっと不調な子宮ちゃん。

もう、子どもを希望する可能性もなく、まかり間違って希望したとしても、懐妊の可能性はないお年頃。残るは、毎月の苦悶だけ・・・という状況で、完全撤去!を決断した私です。

心置きなく、仕事をしちゃる! 旅行も行っちゃう! 好き放題に生きちゃう~!

手術を何年も先延ばしにしてきた私。

理由は、恐怖。打ち勝てず、ウジウジした。

腹を切るとか、もう、訳が分からん。

でも、そんな不安のために決断できなかった私の背中を押してくれたのが、「腹腔鏡手術」というもの。お腹に3個の穴をあけて、子宮を切り取って、下から「ズリンッ!」と引っ張り出す方法。幸い、私は経産婦なので、多少子宮が大きくてもOKとのことで、前向きに手術を考えられるようになったわけです。

 

悪夢の電話は突然に

そんなある日、病院から電話がかかってきます。

「一緒にやるドクターの都合がつかず、開腹手術か、手術延期になります」

って、ちょっと待て!

一緒にやるドクターの予約、してたよね?

動揺する私は、軽くパニック!!

とりあえず、「今、この場では決められません」とごく当たり前のことすらいえない。まぁ、時間をかけて言ったけど(笑)

ドクターに「そうですよね。よくお考えになって、答えを出してください」といわれ、電話を終える。

え? ええっ? どうすればいいの?

とりあえず、アタマ真っ白。

動揺しながら、翌日ドクターの元へ行きました。

 

すべての条件が、ハラキリに通じている

ポイントはこんな感じ。

・予定日は、同席ドクターの都合がつかず、どうしてもできない。

・4月になれば、腹腔鏡手術ができる。でも、結局回復になる可能性は50%近くある。

・開腹手術なら、予定日にできる。

・他の病院で手術という手もあるけど、多くは2~3か月待ち。

・開腹は痛い。それは間違いないが、ペイントコントロールはある程度できる。

・2つの術式の最大の違いは、体の負担。腹腔鏡は1週間入院、2週間で社会復帰。開腹は、10~14日入院で、復帰に一か月。

 

もし、待つことで100%とは言わないまでも、80%くらい腹腔鏡になるなら、間違いなく待つ。でも、今の私は、少しでも子宮を小さくするために、薬を飲んでいる状態。それが2月までしか処方されないので(副作用があって半年しか飲めない)、4月には膨らんでいる可能性がある。ゆえに、50%の確率は、さらにアップしてしまう。

しかも、2月中旬手術にした理由は、息子たちが春休みになるため。こうなると、ランチ含め、店は普通に営業できるんだなぁ。

さらに、ライターの仕事も、2月手術で調整をしてきちゃった。そのため、わざわざ3月下旬スタートにした大型案件があったりして、これは自分でやりたいのよ。

ってことで、復帰が遅れるにしても、やっぱり2月に手術をやるしかないんだとハラキリの腹をくくった(ややこしい・笑)

 

ということで、私の最高の強みを発揮!

ここで私の、「決まったことを後悔しないために、いいことを徹底して探す技」発動!!

前向きな心を授けてくれた、両親と神様に感謝。私は「後悔しない」体質なんだけど、この考えの裏には、徹底的に「後悔しないための理由付け」をすることがあるんだな。ほんとに、都合いい解釈の天才!

という前提で調べてみると、開腹も悪くない。

・肥満で高血圧な私は、ハイリスク手術になるので、手術時間は短い方がいい。開腹だと1~1.5時間で終わるらしいけど、腹腔鏡だと3~5時間。麻酔短くて済むってことで、いいね!ポイント1

・手術中は、のどに挿管するらしい。これがのどに違和感を残し、後々不快なんだそうだ。私は驚くほどのどが弱く、そんなことされたら、咳がとまらなくなる。お腹開いた後に咳とか、考えただけでも地獄!手術時間が短ければ、このトラブルも少ないと思われ、いいね!ポイント2

・回復の場合、ドクターの目で確認できるので、周りの状況もわかる。癒着とかね。私の場合、長い間不調なので、癒着の可能性は高く、その点もいいね!ポイント3

・目覚めて、「結局腹切ったんかい!」と思うより、最初からそうなるとわかった方が、なんかラクそうってことで、いいね!ポイント4

・父似の私は、がん体質なので、いつか手術を受けることになると覚悟してる。その一発目が、手術の中では簡単といわれる子宮全摘でよかったじゃん。ってことで、いいね!ポイント5

・息子たちに、なんか自慢できそう~ってことで、いいね!ポイント6

・大変な手術だと、喪失感より達成感になりそうでよさげ。いいね!ポイント7

・入院が長い分、少ない食事が長引くわけで、ダイエットできちゃったりして~♡ いいね!ポイント8

ほんの数日で、こんなにいいね!ポイントが見つかったわけで、かなり気分は軽くなった。というか、「開腹の方が私にはよかったんだ!」とまで思ってる。

ほんとに、ラクな性格してるわぁ~。

ってことで、2月15日に腹切ります!

起こるべくして起こったキュレーションメディア問題。素人同士で作ったんだから当然だ!

f:id:radaso:20161207191406j:plain

Welqに端を発し、DeNA関連のキュレーションメディア9つがすべて非公開になりました。次いで、他の大手メディアにも記事非公開化が波及しています。ちょっと考えれば、いつかこうなるのはわかったはず。なのに、実際はちゃんと考えてなかった人が多かったようで、傷が広がったのは自業自得ともいえます。

ということで、実際に私のところに舞い込んできた数々の案件の裏側を、そのまんまに紹介し、自分なりに分析をしていこうと思います。

 

 いい加減な記事量産の裏には、にわかライターが多数存在した

今回の件で、「クラウドソーシングサイトを使って記事を量産した」というのは、すでにあちらこちらで言われています。

これを裏返せば、子供の小遣いのような価格でしょうもない記事を書く「自称ライター」がいっぱいいたことになります。今は「いい加減な記事が量産された」ことばかりがクローズアップされていますが、その裏には「いい加減なライターが量産された」ことにより、被害をこうむっている素人がいっぱいいることにも目を向けるべきでしょう。

ちなみに、キュレーションメディアの記事を書く人を「キュレーションライター」なんて、カッコいいネーミングで呼んだりします。でも実際にやってることは、ただのパクリ屋。

悲しいことに、「マニュアル」という名のパクリ指南書があり、それを鵜吞みにし、「まさか自分が片棒を担いでいた」なんて考えもしなかった(そして今でも考えていない)人が大勢いるのです。

 

キュレーションサイトとクラウドソーシングはともにヨチヨチ歩きのビジネス

この背景には、広告費目当てに簡単にキュレーションメディアを作ってしまったDeNAのような企業が存在する一方で、クラウドソーシングという、まだ歩き始めたばかりのビジネスがタイミングよく存在したことが関係しています。どちらも、まだ成長期をむかえたばかりのビジネスです。

クラウドソーシングは、本来、「企業が企業に発注」していた仕事を「個人に発注」できるようにしたもので、企業に属さない主婦や副業をしたい社会人が簡単に仕事を探せるメリットがあります。

一方。企業側には、「安く仕事を発注できる」という大きなメリットがあります(ここについては言いたいことが山のようにあるので、別の記事で書きますが)。

ここで見事に需給関係が成立したわけですが、ここには大きな問題がありました。それは、まだ正しい答えがでていないのに、双方が素人で、考えが甘かったことです。

キュレーションサイトという新しいメディアと、クラウドソーシングを使って働く場を得た素人同然のライターが、著作権薬事法というものの存在を「チラッ」っと言った(聞いた)だけで分かったような気になり、独自見解のもとに進めてしまったわけですから、問題は起こって当然なのです。

そもそも、今でも「薬事法が」といってる時点でちゃんと分かってないことを証明しているわけですが、そんなことが分かるはずもない方々がたくさんいて、そうゆう人たちがキュレーション記事を量産していったことを理解しなければいけません。

 

それでも、なくなるべき存在ではない

さて、私はこれから、いくつかの切り口で、今回の一連の騒動に対する個人的な見解を文章にしていくつもりなのですが、望みはひとつ。

この騒動をきっかけに、WEBの中にあふれる情報も、キュレーションライターというかっこいいネーミングに踊ってしまっている人も、クラウドソーシングという新しいビジネスも、全部正しい方向を見出し、歩き出してほしいということです。

間違った手法を真なんてしまったライターは正しい方法を学べばいいし、クラウドソーシングは正しい方向で発展していくべきだし、キュレーションサイトだって、正しく運営されればすばらしい存在になるはずのもの。

不寛容社会の今、「キュレーションサイトなんてなくなっちまえ」「クラウドソーシングなんてムダな存在」と声高に叫ぶ人がたくさん出てきそうですが、「そうじゃない!」という方向に進むよう、あえて今はマイナスな部分をしっかり伝えていきたいと思います。

私が紆余曲折の末だどりついた、ディレクションフィの算出方法

f:id:radaso:20161107044024j:plain

フリーランスで仕事をしていると、「見積もりを出してほしい」と言われることがあります。何年たっても、これは難しい仕事であり、時間もかけたくないものです。

今回は、私がディレクションフィの算出をどうしているのかについて、自分の頭の整理も含めて書いてみます。

 

 ライターとディレクターの大きな違い

私は「ディレクションライター」という肩書を名乗っていますので、メインワークはライターとディレクターとなります。

ディレクションとは、雑誌で言えば「編集」にあたります。打合せでクライアントの要望をくみ取り、それを形にするための案をデザイナーなどと相談したり、進行管理をしたりと実に多岐にわたります。クライアントとの窓口になることも多く、気苦労も多い仕事です。

ライターに関しては、ライティングや下調べ、打合せを予測して所要時間を算出し、時給をかけて予算を算出しています。これは、ある程度の経験を積むことでできるようになるスキルのひとつ。

ところが、ディレクションに関しては、打合せにどれくらいの時間を要するのか、またどれくらいの修正が繰り返されるのかが読めないので、ライターと同じ方法で見積もりを出すことはできません。

 

言われたことをカタチにするだけではないディレクターの仕事

そこで私は、まったく別の方法でディレクションフィを算出しています。

その具体的な数値を書く前に、ディレクターの仕事幅について、私の考えを書かせていただきます。ディレクターにはいろいろな人がいて、クライアントさんに言われたことをカタチにするだけの人もいますが、私はそれがすべてだとは思っていません。

WEBについても、印刷物に関しても、クライアントさんは達成したい目標があって、そのために制作物を作りたいと思っています。ただし、制作物をどう作り、どう活用すれば目標が達成できるのか、その具体的な手法については私の方がわかっています。

そこで、クライアントさんが少しでも早く、そして効率的に目標を達成することができるよう、積極的に提案を行っています。

例えば、「サイトへのアクセスが伸びない」という理由でサイトリニューアルを考えている場合、洗練されたサイトを見るのはアクセスした人であり、離脱率が下がることはあっても、自然にアクセスが伸びることはありません。

私にとってディレクションは、言われたことを形にするのではなく、その裏にある目標を達成するためにベストを尽くすこと。もちろん、クライアントの意向は最大限に組み込みますし、制作会社の立場がなくなるようなことはしませんが。

 

1割+2割=3割と考えています

さて、前置きが長くなりました。ディレクションフィの算出です。

私の場合、製作費の総計に対して、一定の割合で提示するようにしています。その割合は3割です。

つまり、100万円のサイト作成であれば30万円。私が窓口となり、WEBサイト作成全体の見積もりを出す場合、私が3割をいただき、残りをデザイナーさんやコーダーさん、別のライターさん等に割り振ります(条件やかかわる人数によって変動することもあります)。

制作会社さんが入っている場合、「3割」という数値を伝えているので、100万円の中に3割を含めることもあれば、100万円に3割をプラスして合計130万円としているところもあるようです(合計130万円だから43万円じゃないの?とは言いません)。

ここにたどり着くまで、紆余曲折がありました。

ライターと同じ方法で算出しようとしていたこともありますが、結果として打ち合わせが多いときに敗北感を味わったり、逆に打ち合わせが少ないときに、申し訳ない気持ちになったりしたこともあります。

そこで、この算出方法には無理があることに気づき、割合で算出することにたどり着きました(3割という数値を基準にする以前には、1割、2割だったこともありますが、どうもしっくりこないものでした)。

3割の内訳は、1割はプランニング(全体設計)、2割は進行と考えています。制作会社さんで、進行管理を別の人が担当することもあります。いわゆるスケジュール管理が仕事なのですが、かえって仕事がスムーズに進まなくなることも多いので、「それは別」と言い切っています。

プランニングに関しては、すでに完成している場合、これはいただかないこともあります。

 

偉そうに書きましたが、実は、他のディレクターさんが、どれくらいのフィをもらっているのか、どうやって算出しているのかを知りません(というか、気にしてません)。

知り合いのWEBディレクターが「3割が基準」と言っていて、偶然の一致で驚いたこともありますが、それだけで一般的な数値だとも言えません。

見積もりに関しては、難しいと感じている人が多くいるでしょうが、結論は「自分で納得できる数値を作り出す」ということ。そして、金額を出したら、それに見合う仕事をするために全力投球です!